セルフメディケーション税制

2017.01.30

「セルフメディケーション税制」がスタートしました。セルフメディケーション税制とは、健康維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品および一般用薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることが出来る事です。軽症な体調不良の場合、病院、医院での診療を受けることなく、薬局で購入した医薬品を服用するなどして自分で治療すること(セルフメディケーション)を推進していこうという取り組みの一環です。ひだ薬局でも地域の皆さんの健康をサポートするために、積極的に健康相談から疾病予防の指導に取り組んでいます。その中でOTC医薬品の販売も行っており皆さんのセルフメディケーションのお手伝いをさせて頂いています。新しく始まった制度ですので、ご不明な点等ございましたらお気軽にご相談ください。 。  

有限会社ひだ薬局

©有限会社ひだ薬局