薬物乱用防止への取り組み

2019.01.16

名称未設定-1ひだ薬局の取り組みの1つとして、「薬物乱用防止講座」について紹介させて頂きたいと思います。

飛騨地域活動参画の一環として、学校薬剤師の活動と合わせて当講座を実施しております。平成3012月現在、学校薬剤師7

が在籍し、その全てが当講座の指導員となり実施しております。また、平成27年度から飛騨保健所で開催されている薬物乱用防止指導員研修会を拝聴し、何を子供達に伝えていくのかを明確にして臨んでおります。

今般、インターネットの普及で、一般の青少年でも薬物乱用につながる有害情報に簡単にアクセスできる状況にあり、それだけに、薬物乱用防止対策には、医薬品を取り扱う薬剤師は勿論、登録販売者も含めて、現在の「薬物乱用」の実態を認識した上で、日々の業務にあたっております。

 

 

23


私が担当している学校では、薬物乱用の中に「タバコ」「お酒」についてもお話しして欲しいとの依頼があり、事前に保護司の方及び学校の先生・養護教諭の方々と打合せをした後、当該講座を実施させて頂いております。

私が担当している学校では、薬物乱用の中に「タバコ」「お酒」についてもお話しして欲しいとの依頼があり、事前に保護司の方及び学校の先生・養護教諭の方々と打合せをした後、当該講座を実施させて頂いております。

特に“なぜいけないのか”を中心に子供達に伝えております。講座終了後に感想を聞き理解してもらえたのかを確認し、必要に応じて今後の講座にフィードバックしております。

特に“なぜいけないのか”を中心に子供達に伝えております。講座終了後に感想を聞き理解してもらえたのかを確認し、必要に応じて今後の講座にフィードバックしております。


 

4薬物乱用防止に向けた啓発活動は目に見えにくい部分ですが、薬局・薬剤師が発信源となって、薬物乱用防止に関する情報を今まで以上に地域で広めていきたいと考えております。


 

有限会社ひだ薬局

©有限会社ひだ薬局