飛騨地域薬薬連携研修会

2017.05.19

H29年5月13日(土) 岐阜県病院薬剤師会主催の薬薬連携研修会が開催されました。薬薬連携とは、患者さんにより安心で継続した薬物療法を提供する為に病院薬剤師と薬局薬剤師の連携することを指します。その中で『ポリファーマシーを改善していく為に我々薬剤師が行うべき連携について ―次世代を担う若手薬剤師3人の意見を踏まえて―』というテーマにひだ薬局の薬剤師がシンポジストとして参加いたしました。 昨今話題のポリファーマシーという非常に難しい問題について、薬薬連携を通じて実際にあった症例発表や今後の病院・調剤薬局の相互の施設間の情報提供のあり方などが話題として上がりました。 薬局外の繋がりを更に太くすることで、飛騨地域の薬薬連携の進展に寄与していかなければいけないと感じました。

有限会社ひだ薬局

©有限会社ひだ薬局